わらい顔の女性

収入を得ること

スマホ

働きやすくなった

近年は雇用関係の法律も緩和されてきており、障害者も企業に勤務することができる雇用制度も整ってきています。今まで、障害をもっていると健常者と一緒に仕事することができないという決めつけのなかで、求人情報に限りがありました。しかし現在は、大企業や官公庁でも障害者支援として、障害者を積極的に受け入れています。

支援してもらおう

障害者で就職を考えている人は、一度、障害者を専門にした就労支援業者に相談してみるようにしましょう。就労支援ではビジネスマナーをはじめ、面接時の対応方法や履歴書の書き方など、就職活動に必要な基本的なことを教えてくれます。基本的な知識を勉強した後は、就職先も一緒に考えてくれます。自分の能力や勤務したい職種など相談し就職先や求人情報を紹介していくのです。
中には、今まで仕事の経験や資格もないため就職にためらっていた人もいるかとおもいますが、それらも心配する必要がなくなりました。就労支援では、資格をもっていない人にも対応したスキル習得にも力を入れています。就職先としてよくあるのが事務職です。事務職ではパソコンを使って書類作成、データー入力があるためパソコンに慣れていくことから始まり、最終的には指導がなくても一人でパソコン操作ができるようになります。
このように現在は、障害者でも就職できる幅が広がってきているので、積極的に動いていくことが大切です。一人では不安と感じている人は、就労支援をしているサイトや事業者を探して相談し、支援者と一緒に取り組んでいきましょう。