わらい顔の女性

車社会に対応した仕事

電卓

必要な資格

タクシードライバーになるためには、タクシー会社に勤務することから始まります。最初から個人タクシーで考える人もいますが、ドライバー経験がある人であれば個人タクシーとして可能です。しかし、未経験者は個人でタクシー会社をもつことはできないのです。
それでは、そのタクシードライバーになるために必要な資格を紹介していきます。ドライバーはお客様を乗せて、目的地まで送迎し料金をもらう商業目的の免許を取得しなければいけません。それは二種免許と言われるものであり、車のナンバープレートも緑色したものに変わります。また、二種免許取得の年齡も21以上でないと取得することができません。というのも普通自動車免許は18歳から取得できるので、普通自動車運転経験が3年以上ないといけないという理由からでもあります。これを聞くと、また免許取得の費用がかかってしまうのでは、と思う方もいますが免許取得にかかる費用はタクシー会社が負担してくれる所が多くあります。そのため面接するまでに免許を取得しなくてもよく、採用後に取得することができます。免許取得後は、簡単な地理試験が行われます。地理試験は、その土地で運転に必要な道路の名前や、公共の建物名などです。

将来性ある仕事

タクシー会社の給与は歩合制の所が多く、一日の営業収入に歩合率をかけたものが日当になります。歩合率は地方都市によって違いもありますので、面接時で確認するようにしましょう。東京などの都心部であれば平均年収約300万円から400万円前後あります。
また、タクシードライバーは個人タクシーに転向できるなど将来性もあります。個人タクシーとなれば、個人事業主として売上全てが自分の給与となり稼ぐことができます。まずはタクシー会社に勤務してノウハウを学ぶことから始めましょう。